メディカルハーブ



高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切る 記事031

PMSと漢方薬

月経前症候群の治療では漢方薬もよく使用されます。

自然の力で徐々に体調を整えてくれるので、月経前症候群や生理不順など、女性には効果的な治療法だと言えます。

いくつかお薦めの漢方薬をご紹介します。

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・・・婦人科でよく使用されるものです。大黄、芒硝、桃仁、桂皮、甘草の5種類の漢方が含まれており、生理不順などの トラブルに良いとされています。月経前症候群にも効果を出し、めまいや精神的な部分にも効くとされています。

・五苓散(ごれいさん)・・・むくみに効きます。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・生理不順の方によく処方されます。イライラや不眠の症状も改善してくれるので、月経前症候群で 精神的な症状が強い方にお薦めです。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・生理痛や腰痛、頭痛の症状に効きます。冷え性や貧血気味の症状にも効きますので、月経前症候群のような婦人科の疾患に 使用されることが多いです。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・生理不順や更年期障害に良く、月経前症候群にも大切な体質改善も助けてくれるお薦めの漢方薬です。

そのほかにも、温経湯(ウンケイトウ)や半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)などが月経前症候群に効果的だと言われています。

医師と相談し、適切な漢方薬を選び、治療するようにしましょう。

メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切る

症状も様々、程度も様々、そんな今注目されているPMS<月経前症候群>に対抗する手段として現在大注目をされているのが、メディカルハーブでの対処法。できるだけ体に負担が少ないメディカルハーブで、しかも確実に成果を上げて欲しい。。。
そんな要望に応えてくれる、PMS<月経前症候群>に対してのとっておきのメディカルハーブをおすすめとしてご紹介します!

おすすめメディカルハーブ(PMS<月経前症候群>対策)

PMS<月経前症候群>には様々なアプローチがされています。
ホルモン療法などがPMS<月経前症候群>の対処法としてとても有名ですが、近年、メディカルハーブを使った体に優しい対処法が注目されています。
そして、メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切るのにとてもオススメなのが、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイトです。このミラクルホワイトには、ワーンチャックモッルークと呼ばれる、タイでは超有名なメディカルハーブが配合されています。
このワーンチャックモッルークのおかげで、ミラクルホワイトは、毎月のサイクルが気になる女性をはじめ、口臭・体臭・おりもの臭や月経前症候群(PMS)、更にはお腹周りのたるみなどが気になる女性の強い味方になっている。

タイでは常識レベルなのだが、日本でお馴染みのプエラリアよりもワーンチャックモッルークの方が女性に重宝されています。

PMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイトPMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイト

PMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイト

月経前症候群(PMS)の症状

症状はどんなものがあるのでしょうか。症状を知っていれば、対策もたてやすくなります。月経前症候群(PMS)であれば、次の症状のいくつか、またはすべてが現れます。
腹痛
乳房の圧痛
頭痛
背中や腰の痛み
腹部の膨満感
イライラ
軽いうつ
肌のトラブル

月経前症候群(PMS)の原因

医師や科学者は今もなお、月経前症候群(PMS)の原因究明に急いでいます。これまでに分かっていることは、月経前症候群(PMS)は、月経サイクルによって変化するホルモンに関係しているということだけです。

月経前症候群(PMS)かどうかの判断

月経前症候群(PMS)かどうかを判断する一番よい方法は、月経サイクル中、症状がどう出るかを毎日記録し、これを2~3ヶ月以上続けてみることです。月経前症候群(PMS)の症状(例えば、吹き出物、イライラ、集中力の低下など)を感じたら、どの程度ひどいか、またどれくらい続くかを書きとめます。
医師に相談した場合は、月経前症候群(PMS)との診断の前に、他の可能性を除外する必要があります。なぜなら、月経前症候群(PMS)の多くは、他の病気の症状と似ているからです。婦人科系の問題がないか、検査や内診を受ける必要があるかもしれません。診察を受ければ、月経前症候群(PMS)かどうかを判断するために必要な情報を得ることができるでしょう。

その他の可能性:月経前不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害(PMDD)は、月経前症候群(PMS)よりさらに深刻なものです。月経の1週間くらい前に、絶望感、緊張感、不安感、イライラを頻繁に感じたり、涙もろかったり、いら立ちや怒りが続いて対人関係のトラブルを招くような場合は、月経前不快気分障害(PMDD)かもしれません。

月経前不快気分障害(PMDD)の症状は、月経前症候群(PMS)に似ていますが、それよりさらに重いものです。症状は次のようなものです。
緊張感、不安感
悲壮感、絶望感
対人関係に影響するような怒りや、いら立ち
いつも行っていることに関心を失う
いつもより睡眠時間がずっと長い、または短い
不眠または過眠
物事が手に負えないように感じる
月経前不快気分障害(PMDD)は、全女性の3~8%がかかっていると考えられており、医師による治療を必要とします。治療としては、ライフスタイルの改善、抗うつ剤の処方、心理療法が行われることもあります。月経前不快気分障害(PMDD)にかかっていると思ったら、医師に相談してください。