メディカルハーブ



高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切る 記事017

食事の回数も関係あり!?少量の食事を頻回に!!

『月経前はなぜか異様に食欲がアップしちゃう・・・』という方、意外といらっしゃいますよね。これは月経前は、ホルモンバランスの急激な変化に体が対応できなくなるからとか、食欲抑制作用のあるセロトニンが減るからとか、色々な説がありますが、とにかく、食欲の異様な亢進を防ぐためには『血糖値をできる限り一定に保つこと』が大事です!

具体的には1回の食事量を減らして、食事回数を5~6回に増やしてみましょう。お芋や精製していない玄米、おそば、全粒粉パンなどかオススメです。逆に白砂糖や甘いジュースなどは、すぐに血糖値を上げますが、その後すぐに低下させてしまって、かえって疲労感や憂鬱を引き起こしてしまうのでNGです.

どうしても甘いものが食べたくなったら、血糖値の変動の幅が少ない果物などにしましょうね。

ただし、食事回数を増やしても全体のカロリーは増やさないように気をつけて下さいね。

むくむのは気のせいじゃない!?塩分は控えめに

『生理前になんかむくむ気がする・・・』という方、気のせいではないのです。黄体ホルモンの関係で月経前はむくみやすくなったり、乳房がはったりします。

むくむとつらいですから、できるだけ塩分控えめで水分をためこまないようにしましょう!塩分量は1日10g以下が好ましいとされています。

具体的には、ベーコン、ハム、スナック菓子などは控えめに。また、意外と和食のお漬物、お味噌汁は塩分が多いので気をつけてくださいね。

メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切る

症状も様々、程度も様々、そんな今注目されているPMS<月経前症候群>に対抗する手段として現在大注目をされているのが、メディカルハーブでの対処法。できるだけ体に負担が少ないメディカルハーブで、しかも確実に成果を上げて欲しい。。。
そんな要望に応えてくれる、PMS<月経前症候群>に対してのとっておきのメディカルハーブをおすすめとしてご紹介します!

おすすめメディカルハーブ(PMS<月経前症候群>対策)

PMS<月経前症候群>には様々なアプローチがされています。
ホルモン療法などがPMS<月経前症候群>の対処法としてとても有名ですが、近年、メディカルハーブを使った体に優しい対処法が注目されています。
そして、メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切るのにとてもオススメなのが、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイトです。このミラクルホワイトには、ワーンチャックモッルークと呼ばれる、タイでは超有名なメディカルハーブが配合されています。
このワーンチャックモッルークのおかげで、ミラクルホワイトは、毎月のサイクルが気になる女性をはじめ、口臭・体臭・おりもの臭や月経前症候群(PMS)、更にはお腹周りのたるみなどが気になる女性の強い味方になっている。

タイでは常識レベルなのだが、日本でお馴染みのプエラリアよりもワーンチャックモッルークの方が女性に重宝されています。

PMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイトPMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイト

PMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイト

月経前症候群(PMS)の症状

症状はどんなものがあるのでしょうか。症状を知っていれば、対策もたてやすくなります。月経前症候群(PMS)であれば、次の症状のいくつか、またはすべてが現れます。
腹痛
乳房の圧痛
頭痛
背中や腰の痛み
腹部の膨満感
イライラ
軽いうつ
肌のトラブル

月経前症候群(PMS)の原因

医師や科学者は今もなお、月経前症候群(PMS)の原因究明に急いでいます。これまでに分かっていることは、月経前症候群(PMS)は、月経サイクルによって変化するホルモンに関係しているということだけです。

月経前症候群(PMS)かどうかの判断

月経前症候群(PMS)かどうかを判断する一番よい方法は、月経サイクル中、症状がどう出るかを毎日記録し、これを2~3ヶ月以上続けてみることです。月経前症候群(PMS)の症状(例えば、吹き出物、イライラ、集中力の低下など)を感じたら、どの程度ひどいか、またどれくらい続くかを書きとめます。
医師に相談した場合は、月経前症候群(PMS)との診断の前に、他の可能性を除外する必要があります。なぜなら、月経前症候群(PMS)の多くは、他の病気の症状と似ているからです。婦人科系の問題がないか、検査や内診を受ける必要があるかもしれません。診察を受ければ、月経前症候群(PMS)かどうかを判断するために必要な情報を得ることができるでしょう。

その他の可能性:月経前不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害(PMDD)は、月経前症候群(PMS)よりさらに深刻なものです。月経の1週間くらい前に、絶望感、緊張感、不安感、イライラを頻繁に感じたり、涙もろかったり、いら立ちや怒りが続いて対人関係のトラブルを招くような場合は、月経前不快気分障害(PMDD)かもしれません。

月経前不快気分障害(PMDD)の症状は、月経前症候群(PMS)に似ていますが、それよりさらに重いものです。症状は次のようなものです。
緊張感、不安感
悲壮感、絶望感
対人関係に影響するような怒りや、いら立ち
いつも行っていることに関心を失う
いつもより睡眠時間がずっと長い、または短い
不眠または過眠
物事が手に負えないように感じる
月経前不快気分障害(PMDD)は、全女性の3~8%がかかっていると考えられており、医師による治療を必要とします。治療としては、ライフスタイルの改善、抗うつ剤の処方、心理療法が行われることもあります。月経前不快気分障害(PMDD)にかかっていると思ったら、医師に相談してください。