メディカルハーブ



高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切る 記事01

女性の現代病? 月経前症候群(PMS)の特徴


忙しすぎる現代女性に特有の病気がPMS?!
忙しい現代女性に多いPMS。月経が始まるとケロリと治るのも特徴


排卵後から月経直前の時期にかけて、さまざまな体調不良や精神的な症状が出、月経が来たとたんにそれらの症状がすっかり消えてしまう「月経前症候群(PMS)」。

排卵後から2週間近く具合が悪い人もいれば、月経直前の1日だけ寝込んでしまうほど症状がひどい人もいます。

最近は女性誌で特集が組まれたり、ネットでも検索されるようになってきたPMSですが、一昔前までは婦人科の教科書にすら載っていませんでした。昔も、「なんだか毎月同じ時期に極端に体調が悪くなるな」「生理前だけ性格が変わってしまうみたい」と感じていた人はいたはずですが、PMSという病気の概念がなかったため、病院で相談しても「精神的なもの」とか「我慢が足りない」といったことで取りあってもらえなかったのではないかと考えられます。

また、昔は月経が始まると数年で子どもを産み始め、立て続けに何人も出産することが多かったため、妊娠や授乳期間の無月経が今よりも頻繁にありました。月経回数が少ない分、月経前の症状に悩まされることも少なかったわけです。現代は、晩産化・少子化のために一生のうちに迎える月経の回数が極端に増えました。その上、ハードワークや様々なジェンダープレッシャーにさらされているので、ストレスのせいでPMSになる女性も急増しています。そういった意味で、PMSは現代病と言えるでしょう。

メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切る

症状も様々、程度も様々、そんな今注目されているPMS<月経前症候群>に対抗する手段として現在大注目をされているのが、メディカルハーブでの対処法。できるだけ体に負担が少ないメディカルハーブで、しかも確実に成果を上げて欲しい。。。
そんな要望に応えてくれる、PMS<月経前症候群>に対してのとっておきのメディカルハーブをおすすめとしてご紹介します!

おすすめメディカルハーブ(PMS<月経前症候群>対策)

PMS<月経前症候群>には様々なアプローチがされています。
ホルモン療法などがPMS<月経前症候群>の対処法としてとても有名ですが、近年、メディカルハーブを使った体に優しい対処法が注目されています。
そして、メディカルハーブでPMS(月経前症候群)を乗り切るのにとてもオススメなのが、マイハーブプログラムのメディカルハーブサプリメント:ミラクルホワイトです。このミラクルホワイトには、ワーンチャックモッルークと呼ばれる、タイでは超有名なメディカルハーブが配合されています。
このワーンチャックモッルークのおかげで、ミラクルホワイトは、毎月のサイクルが気になる女性をはじめ、口臭・体臭・おりもの臭や月経前症候群(PMS)、更にはお腹周りのたるみなどが気になる女性の強い味方になっている。

タイでは常識レベルなのだが、日本でお馴染みのプエラリアよりもワーンチャックモッルークの方が女性に重宝されています。

PMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイトPMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイト

PMS(月経前症候群)を乗り切るサプリメント:ミラクルホワイト

月経前症候群(PMS)の症状

症状はどんなものがあるのでしょうか。症状を知っていれば、対策もたてやすくなります。月経前症候群(PMS)であれば、次の症状のいくつか、またはすべてが現れます。
腹痛
乳房の圧痛
頭痛
背中や腰の痛み
腹部の膨満感
イライラ
軽いうつ
肌のトラブル

月経前症候群(PMS)の原因

医師や科学者は今もなお、月経前症候群(PMS)の原因究明に急いでいます。これまでに分かっていることは、月経前症候群(PMS)は、月経サイクルによって変化するホルモンに関係しているということだけです。

月経前症候群(PMS)かどうかの判断

月経前症候群(PMS)かどうかを判断する一番よい方法は、月経サイクル中、症状がどう出るかを毎日記録し、これを2~3ヶ月以上続けてみることです。月経前症候群(PMS)の症状(例えば、吹き出物、イライラ、集中力の低下など)を感じたら、どの程度ひどいか、またどれくらい続くかを書きとめます。
医師に相談した場合は、月経前症候群(PMS)との診断の前に、他の可能性を除外する必要があります。なぜなら、月経前症候群(PMS)の多くは、他の病気の症状と似ているからです。婦人科系の問題がないか、検査や内診を受ける必要があるかもしれません。診察を受ければ、月経前症候群(PMS)かどうかを判断するために必要な情報を得ることができるでしょう。

その他の可能性:月経前不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害(PMDD)は、月経前症候群(PMS)よりさらに深刻なものです。月経の1週間くらい前に、絶望感、緊張感、不安感、イライラを頻繁に感じたり、涙もろかったり、いら立ちや怒りが続いて対人関係のトラブルを招くような場合は、月経前不快気分障害(PMDD)かもしれません。

月経前不快気分障害(PMDD)の症状は、月経前症候群(PMS)に似ていますが、それよりさらに重いものです。症状は次のようなものです。
緊張感、不安感
悲壮感、絶望感
対人関係に影響するような怒りや、いら立ち
いつも行っていることに関心を失う
いつもより睡眠時間がずっと長い、または短い
不眠または過眠
物事が手に負えないように感じる
月経前不快気分障害(PMDD)は、全女性の3~8%がかかっていると考えられており、医師による治療を必要とします。治療としては、ライフスタイルの改善、抗うつ剤の処方、心理療法が行われることもあります。月経前不快気分障害(PMDD)にかかっていると思ったら、医師に相談してください。